教育体制

他社の3年分を1年で学ぶことができる! 独自の研修システム「成長ロードマップ」と「ベンチャーサポート大学」

ベンチャーサポートでは、ゼロから確実に学べる研修制度と教育体制が整っています。
会計業界経験者の方にも、さらに実力を伸ばせるノウハウをお伝えします。

会計事務所・未経験の方へ

ベンチャーサポート税理士法人では、「キャリア養成プラン」に従って計画的・段階的に成長をしていくシステムを採用しており、数年後に自分がどのように成長するのかを具体的にイメージすることができます。

特に “実力養成期”には、ベンチャーサポート独自の研修システム「成長ロードマップ」と「ベンチャーサポート大学」を集中的に活用して短期間で大きく成長していただきます。また、税務調査の情報共有や最新の税制改正の知識を身につけるために、月に一度、社内研修会が行われます。

プラン
プラン2

成長ロードマップ

未経験の方へ

未経験の方々は、入社した直後はたくさんの不安があると思います。やる気はあっても、覚えることが多すぎて何から手を付ければいいのかわからない・・・ そこで、未経験で入社した人が入社後6ヶ月間迷わず成長できるための「成長ロードマップ」というシステムを導入しました。

実務で使う知識を優先的に身につけられるように、指導してくれる先輩とのマンツーマンでチェックシートを使って状況確認をしていきます。これによって自分に足りない箇所がわかり、半年で身につけていく全体像も把握できますので、 迷わず成長できるようになります。

ベンチャーサポート大学

“ベンチャーサポート大学”とは、税理士実務で必要となる知識を効率的に学ぶために、自社で制作した動画の研修コンテンツのことです。元大手専門学校の講師やオフィスの代表税理士が講師陣となって、非常にわかりやすく内容の濃いものになっています。

カリキュラムの一部を紹介すると、「銀行融資」「税務調査」「月次会計の固め型」「確定申告」「給与計算」「実務の落とし穴」「月次レポートの説明」・・・その他多数。書き込み式のテキストも用意されていますので、動画を見ながらテキストにメモを取れば“自分だけの勉強ノート”を作れます。(動画はYoutube(非公開)で見れるので通勤途中でも視聴可能) 通常の会計事務所であれば3年かかるノウハウを短期間で学ぶことができます。

ベンチャーサポート大学

※「ベンチャーサポート大学」はパソコンやスマホで視聴できる動画の研修コンテンツです。通勤途中に見て勉強する人もたくさんいます。

ベンチャーサポート大学

※ 講師陣は、元専門学校の税法の講師や元税務調査官など経験豊富な先輩。わかりやすい言葉で説明しています。

ベンチャーサポート大学

※ 会計ソフトの画面も動画に取り込むことで、実際の作業をリアルに学べます。

ベンチャーサポート大学

※ すべての研修に書き込み式のレジュメがありますので、一度視聴すれば“自分専用のノート”を作ることができて復習も簡単です。

会計事務所・経験者の方へ

経験者の方へ

会計事務所経験のある方は経験年数によってスキルレベルにバラツキがあるのが通常です。決算や税務調査、銀行融資などに精通している方もいれば、決算や年末調整に不安が残る方もいます。

ベンチャーサポートでは、経験者は入社後に先輩スタッフとの面談を通じてスキルレベルを相互に確認し、必要に応じて研修や教育を受けることになります。その中でも「税務調査」「融資」「節税」に関しては社内にテキストがありますので、テキストを使うことでスキルアップして頂けます。

 

(1)税務調査を究める

調査経験を共有してどんどん成長

税務調査は税理士の最大の見せ場であり飯の種であることから、スタッフに盗まれるのを恐れて同席させない所長税理士もいるほどです。ベンチャーサポートでは、税務調査が実施される度に「税務調査報告書」を作成し、どんなところが見られたのか?どういう交渉をしたのか?など、税務調査の情報を全員で共有して徹底した討論を行ないます。

そのため、自分が体験した調査だけでなく他のメンバーの調査経験も自分の経験値になり、税務調査のノウハウがどんどん蓄積されていきます。また、社内には税務署出身のメンバーも在籍しているので税務署の裏の裏まで知り尽くすことができます。

基礎講座: 使用テキスト

税務署調査の不安を解消する!税務署調査の真実 (完全版)

税務署調査の不安を解消する! 税務署調査の真実

以前ベンチャーサポートが作成して販売していた税務調査のマニュアルを、基礎講座のテキストとして使用しています。

さらに、社内の教育ツールには「元税務署出身のスタッフが税務署側から見た税務調査のホンネを語る音声講座」も用意しています。意欲さえあれば入社初日に税務調査ノウハウの大部分を知ることもできます。ベンチャーサポート社外秘の研修をぜひ体験してみて下さい。

 

(2)融資を究める

ダイレクトに教えてもらえる融資情報

経験者の方へ

事業資金の調達は経営者にとって最大の武器です。それをサポートできる税理士・会計事務所は、経営者にとって最高の参謀となります。

資金調達に強くなるコツは3つ・・・「融資に強い事業計画書の作り方を知る」「銀行がどういった点を見て査定しているかを知る」「どんな融資制度があるかを知る」
この3つのノウハウを押さえれば、融資が実行される確率はかなり上がります。また、日本政策金融公庫やその他の金融機関と提携しているので、融資担当者からはナマの情報を仕入れることができます。“融資コンサルタント”と呼ばれる人たちと遜色のないレベルの資金調達ノウハウを身につけ、経営者をサポートしていきましょう。

基礎講座: 使用テキスト

税務署調査の不安を解消する!税務署調査の真実 (完全版)

税理士がこっそり教える融資の裏側 ~融資の基礎から実践テクニックまで~ 

融資の基本的な知識から実践的なノウハウまで、徹底的に解説されてます。

この1冊で、融資の3つの柱である「強い事業計画書の作り方」「銀行再度の査定の仕方」「融資制度」をマスターできます。 さらに、「社長の個人情報はどうやって調べられるのか?」「銀行に返済が厳しくなったときのリスケの仕方」など、たくさんの裏情報までマスターすれば “融資のプロ”として頼られる存在になること間違いなしです。

 

(3)コンサルティングを究める

「月次レポート」を活用しよう

月次レポートの一部抜粋

試算表の数字を読み上げるだけの会計報告では物足りません。その数字を経営でどのように活かすべきなのか? 今、会社の問題はどこにあるのか? 社長が知りたいのは、試算表の数字を経営に活用することです。

ベンチャーサポートでは、独自の「月次レポート」を使って社長に経営コンサルティングを行います。この月次レポートを活用すればさまざまな角度から会社の数字が分析できます。
経営者が税理士・会計事務所に求めていることは、経営者の視点で数字を活用することです。このノウハウに関してはさすがにテキストでまとめられるものではありませんが、多数のお客様が担当者と「毎月面談する」サービスを選択しています。同年代の先輩が、日々の仕事の中でノウハウを伝授していきます。

 

(4)節税を究める

ベンチャーサポートが得意とする節税を身につける

節税を究める
「無駄な税金を払いたくない。ちょっとでも安くならないか?」 これは経営者が口を揃えて言うセリフです。適正な納税をすることが税理士・会計事務所の使命ですが、「適正な範囲内で」できる限り節税することはベンチャーサポートの使命と考えます。

ベンチャーサポートは節税を得意としています。 節税はテクニックだけを覚えても、体系まで理解しなければ浅い知識か脱税手法しか身につきません。単なる節税ではなく最大限経営に活きる節税の提案をしますので、「会社にお金を残す」ための本当に有効な方法論を身につけることができます。
 

基礎講座: 使用テキスト

節税パーフェクトマニュアル1【準備編】

節税パーフェクトマニュアル

節税は、4冊の社内テキストを使用します。基本的な考え方から始まって、経営に活きる節税と実施すべき順序。 IT業界の節税・個人事業の節税と状況別の節税まで順番に学びます。これで、中小企業で実践的に使える節税手法は網羅できます。

節税に強いベンチャーサポートのスタッフですから、
ぜひ節税に強い担当者に成長して下さい。

 

(5)最新税務を究める

月に1回、最新税務の勉強会

最新税務を究める

常に最新の税法を身につけることは必須ですが、1人ですべてをカバーすることは簡単ではありません。こういう時こそ、スタッフ人数が多いメリットが活きます。

月に1回、各オフィスで(勤務時間内に)最新税務の勉強会を行なっています。「税理」や「税務通信」などの専門誌から、新しい税法の知識や注意点や解釈についてをスタッフ全員で議論を交わします。ベテランや新人を問わず、得意な税目やテーマについては積極的に発表をして活躍の場にして頂きます。
また、全オフィスのスタッフ全員がインターネット上のサービスでつながっているため、難しい問題も全社員で瞬時に解決することができます。