スタッフ紹介

20代若手。大阪から東京への挑戦

未経験で上京した若手スタッフインタビュー

今日は大阪から東京へ転勤してきた2人にインタビューをさせてください。
伊波(いなみ)くん、馬躰(ばたい)くん、こんにちは。よろしくお願いします。

馬躰

よろしくお願いします。

伊波

よろしくお願いします。

まず2人はもともと大阪のオフィスで勤務してたんだよね。どうして東京で働くことになったの?

馬躰

ではまず僕から。僕は業界未経験で入社したんです。入社前から漠然と東京で働いてみたいという気持ちがあって、面接の時に「入社後、東京への転勤希望ってできるんですか?」と質問したら、「チャンスはあるよ」と言われたんです。
入社3ヶ月くらい経ったときに、ふと何気なく東京で働きたいという話を先輩にしたら、急に具体的な話になって、びっくりしたんですがこれはチャンスと思って「ホントに行きます!」と転勤希望をしました。

もともと東京で働きたいっていう気持ちがあったんだ。なぜなの?

馬躰

なんかかっこいいじゃないですか。「俺、東京で働いてるんだ」って言えたら(笑)。それに遊ぶ場所もいっぱいあるし、イベントとかもほとんど東京ですし、お店も多い。でも普通、就職活動の時に、そんなミーハーな理由で東京勤務を希望したら落とされますよね。
ベンチャーサポートの大阪の面接官のかたは「面白いね。行きたいなら行けばいいよ」って即答してくれたんです。

ベンチャーサポートは遠くのオフィスでもスタッフの交流が活発で仲が良いからね。採用状況なんかも連携を取り合ってるよ。

伊波

僕も税理士事務所未経験で入社しました。入社してすぐに実務をイチから教えてくれた尊敬する先輩が、途中で東京転勤してしまってそれがすごく残念だったんです。
それから1年以上経ってその先輩と、ある日電話で話していたら「じゃあ本当に東京転勤希望すれば?」って言われて。その時、先輩は支店の代表をしていたので一緒に働けたら面白いなと思って転勤を希望しました。

先輩への恩返しやね。知ってる人がいれば不安も減るよね。他に、東京に行きたい理由はあった?

馬躰

大阪よりも、スタッフの人数が多くて増えるスピードも早いのは知っていました。同年代の未経験スタッフが多いから仲良く切磋琢磨できる環境があるかなと思っていました。実際来てみると、未経験から始めてもこれだけ仕事できるんだ!っていう若手がたくさんいて良い刺激をもらえました。

伊波

行きたい理由というほどではないですが、僕は学生時代の友人がけっこう東京にいたんで、その点では楽しみでもありました。

仕事以外の、プライベート面で東京へ行くことに不安はなかった?

伊波

奥さんとその親に言うのが不安でした。奥さんも正社員で勤めていたし、地元ですので。

そうなんだ、大変だったの?

伊波

いえ、結局は取り越し苦労で終わりました(笑)。日頃から奥さんに、会社の話・仕事の話を何かとしていたんで、それが良かったみたいで。僕が会社のことを好きだと知っていたので、「東京に行きたいんだ、チャンスなんだ」って言ったら、「わかった」と即答してくれたんです。次の日には奥さんが会社に辞表を出してました。

ええ!!奥さん、会社辞めてついてきてくれたの!?

伊波

はい、誰でも名前を知ってるようなチョコレート会社の店長を任されていたんですけどね。地縁も友達も一切ない東京に、ついてきてくれる決断をしてくれました。

すごい、男らしい決断だね。嫁の鏡…。

 

 

馬躰

僕は家賃が高いことだけが不安でした。

結局高いところを借りたの?

馬躰

いえ、転勤前に、東京の若手スタッフに一度会える機会があって、その時話したスタッフの中にシェアハウスに住んでいるやつがいたんです。めちゃくちゃ興味があって、どんな生活しているのか聞いていたらむしろシェアハウスに住んで友達作ってみたいと思うようになりました。なにしろ「安い」!

青春だねー。僕の年齢になると、独身だったとしても絶対そんなエネルギー無いよ(笑)

未経験だからこそ、吸収しまくってやろう!

じゃあ最後に、実際に東京に来てどう感じたか?率直なところを教えて。

伊波

なんというか、転校生の気分ですね!転勤初日は、みんなの前で挨拶して。ベンチャーサポートにもう一回新しく入社したような感覚でした。

馬躰

そうそう。転勤初日はすごく緊張したんですが、予想以上のウェルカムな感じがあって、「あ、おんなじベンチャーサポートの仲間だ!」っていうのを僕も、迎えてくれた人たちも感じてるのが伝わってきました。
人数が多いので、近い年齢層で独身のやつも多くて、土日も東京案内してもらえるような友人もすぐ見つけることができました!

伊波

若いスタッフでも、ベテランに負けないくらいバリバリ仕事やってるやつがたくさんいて、仕事も遊びも一生懸命っていう印象を受けましたね!これは僕も、悩んだり立ち止まっている暇があったら、動こう・頑張ろう!という今のモチベーションに繋がっています。

馬躰

東京に来て、インターネットでめちゃくちゃ稼いでいる社長の担当もさせてもらいました。同い年くらいの若い社長なのにすごく稼いでいて、僕も負けてられないなと。未経験で税理士業界に飛び込んできたけど、色んな知識と経験を吸収しまくって成長してやろうと思ってます!

なるほど。2人とも、単に働く場所が変わったというだけじゃなくて、モチベーションの面も大きく変わったみたいだね。大企業によくある転勤命令ではなくて、自分が希望して行けるという所は今後もベンチャーサポートの売りにしていくね。

馬躰

はい!転勤命令は勘弁してください!(笑)

 

ys1000230

 

インタビュースタッフInterview
  • 伊波くん伊波くん
  • 馬躰くん馬躰くん