スタッフ紹介

今頑張らないと後がない

「ここで頑張らないと後がない」という気持ちが自分を支えました

今日は未経験でベンチャーサポートに入社した麻木くんにインタビューをさせてもらいます。
麻木君、よろしくお願いします。

麻木

よろしくお願いします。

さて、麻木君はベンチャーサポートに来る前は税理士業界の経験なかったんだよね。
何の仕事をしてたの?

麻木

僕はコンビニの店長をしてました。
アルバイトのシフトを組んだり、レジをしたり、商品の発注をしたりっていう、ほんとにコンビの現場です。

そうなんだ!全然違う業界だね。どうして、税理士になろうと思ったの?

麻木

きっかけは中学のときのことなんです。
まだ将来の仕事のこととか全然考えていなかったんですが、僕、いろんな商品がどこのお店に売られてて、どこが安くていいかとかを調べるのが好きだったんです。

当時は価格コムとかもなかったので、「欲しいものがあれば麻木に聞け」って言われてたんですよ(笑)
そのときに、いろんなデータを使って人に喜ばれるっていうのが快感で。
自分が生涯の仕事を選ぶときも、この感覚が忘れられなかったんです。まさに税理士の仕事ですね。

コンビニで店長しながら簿記2級が取れたので、念願の税理士業界へ転職をしようと思いました。

 

 

資格も経験もなかったので、僕の武器はやる気とコミュニケーション力だけ。

どうしてベンチャーサポートを選んだの?

麻木

選んだというか、未経験で簿記2級しかなかったので、他の会計事務所は、ほとんど書類選考で落とされました。
当時、ベンチャーサポートは大きな税理士事務所だし未経験では無理だろうな思ってました。正直ダメ元で応募したんです。

面接を受けたら、面接をしてもらった人から、「君はやる気がすごいね。コミュニケーションもできるし、頑張ってみるか?」って言ってもらって採用になりました。

やる気採用だったんだね。たしかにベンチャーサポートは、面接でポテンシャル重視するからね。採用が決まってどうだった?

麻木

もちろん、嬉しかったです。
でもそれ以上に、僕はここで頑張らないと後がない、っていう気持ちでした。
資格もなくて経験もなかったので、僕の武器はやる気とコミュニケーション力だけ。不安と期待と入り混じってました。

未経験で入社してどうだった?仕事はうまくできた?

麻木

失敗だらけです。というか、失敗しかなかったですよ。
資料の作成もミスしましたし、会計の入力もミスしました。全部先輩が直してくれるから、社外に出ることはないですけど、情けなかったし、悲しかったし、悔しかったです。
ただ、弱音を吐いたら自分に負けと思ってました。

未経験だもんね。先輩はどうしてくれたの?

麻木

ほんとにたくさん失敗したのに、2人の先輩がずっと助けてくれるんです。

1人の先輩は、当時の自分と向きあってくれました。
毎回、間違った場所を指摘して、なぜ間違ったのかを一緒に考えてくれて、次に間違わないようにする工夫を考えてくれて。それを毎朝、毎朝、始業前にやってくれて。
今日は、これを間違いなくできるようになろう、とかの目標を作ってくれました。

もう1人の先輩は、未来をみせてくれるんです。
「あっさんは、今はこうだけど、これができるようになったら半年後には担当になれてるから」とか、「僕はあっさんは、できるようになるのはわかってるよ」とか。

2人のおかげで、今の自分があります。

良い先輩が教育やってくれてたんだね。
その後、どうやって成長できたの?

麻木

ほんと徐々に、徐々にミスが減ってきたんです。
自分もとにかく後がないと思ってたので、何度も自分で見直しをしました。何に時間がかかるのかを考えて、次はもっと早くできるようにって考えました。

あるとき、2人の先輩のうちの1人が、自分の担当先を僕の担当に変更しようと言ってくださったんです。
お世話になりっぱなしの先輩の大事なお客さんなので、絶対に失敗はできない。先輩の顔に泥を塗ることになる。そんな思いでした。

で、とにかく思いきってお客さんとしゃべって、お客さんに安心してもらえるように全力を尽くしました。先輩もずっと横の席に座って、同席をしてくださいました。

その1件目の担当先の社長さんと気が合って、飲みに行くようになって、それで自信がついて、一気に成長できたんだと思います。自信が出たら、いままで社内で教えてもらったことが、どんどんアウトプットできるようになりました。全部、自分の血肉になってたんだなって。

麻木君の成長を見て、先輩は何か言ってた?

麻木

はい、本当に喜んでくださいました。自分のことのように笑って喜んでくれるんです。
先輩が食事に連れていってくれて祝杯を挙げてくれました。僕からしたら感謝しかないです。

先輩も自分の仕事が忙しいのに、先に僕の教育の時間を使ってくれて。
僕がもっと吸収が早かったら、先輩だってもっと楽だったろうに。なんでそんなに僕のことを気にしてくれるんだろうって。

 

 

未経験時代に先輩から受けた恩を、後輩への教育で返す

麻木君のやる気はみんなが知ってたからね。
今はどんな仕事をしてるの?

麻木

今は担当先を30社を任されて、きっちりさせてもらってます。
それ以外に新人の教育をやってます。

教育もやってるんだ。すごいね。

麻木

僕は自分の成長にもなるし、もともと教えるのが好きだったんで、楽しんでます。
それに、僕が未経験時代に先輩から受けた恩を後輩への教育で返すしかないと思ってます。
今は1人、未経験で入社した人の教育係です。

他に、始業前の朝30分ほど有志の未経験の人に毎日研修をさせてもらってます。
自分が何もわからなかったから、何がわからないかがよくわかります。何が不安かもわかります。

僕は、もっと教育がうまくなりたいと思っています。
ベンチャーサポートの中で、教育の役割で貢献したいと思ってます。

本当にいい仕事をしてるね。
麻木君、インタビューありがとう。

ベンチャーサポートは、麻木君のような業界未経験の人が毎年たくさん入社しています。
先輩から教育を受けたことを、後輩に教育で返す。
こういうのが文化になってるから、未経験の人でも一人前になれるんでしょうね。

麻木

ほんとそうですね!ありがとうございました!

 

 

インタビュースタッフInterview
  • 麻木くん麻木くん