会計事務所の経験者の方へ

ベンチャーサポートならドンドン成長できる仕組みがあります!

・税務調査の経験共有システム
・税務署出身メンバーによる裏ノウハウ
・融資に強くなる銀行査定公開
・経営コンサルができる魔法のレポート

詳しくはこちら

ベンチャーサポートなら楽しい雰囲気を何より大事しています!

・FMが常に流れる綺麗なオフィス
・全社員がデュアルモニターのIT環境
・20代~30代中心の明るい楽しい雰囲気
・自由参加の社内サークル&飲み会多数

詳しくはこちら

ベンチャーサポートなら安心できる待遇をご用意します!

・年間純増顧問数700社超
・有給消化率100%
・フレックスタイム制導入済み
・会計事務所経験者給料 25万~70万
(経験、前職給料等を考慮します)

詳しくはこちら

ベンチャーサポートでの仕事内容

ベンチャーサポート税理士法人東京オフィスの基本的なサービスは「税理士業務」ですが、
他の会計事務所と違う点があります。
それは社名があらわす通り、「起業家支援」に力を入れているということです。
「起業家支援」で必要とされるのは、高度で難解な税務知識ではなく、
「幅広い知識」と「熱意」です。
会計や法律の知識が不足しがちな起業家を、万全にサポートしてあげたいという熱意と、
そのベースとなる、会計・税務・社会保険・融資・助成金といった広い知識が必要とされます。
本気の起業家の情熱に、本気で応えたときに得られる達成感。
それが、この仕事をやってよかったと思う醍醐味です。

毎月の社内作業

まずは会計事務所の中で行う毎月の作業についてご説明します。
一定数以上の顧客を見る担当者にはアシスタントがつきますので、
領収書の整理や会計ソフト(弥生会計)入力などの作業は、入社後数ヶ月以降は行ないません。
アシスタントが入力した会計データにミスがないかを、原始資料を見て確認します。
起業直後の社長は経費にならないレシートや、経理に関係のない郵便物なども一緒に送ってくることもあります。
それを選別しながら、社長に「何が経費になるのか、なぜ経費と考えるのか」など
税務署の視点を混じえながらお伝えします。

こういったアドバイスの一つ一つが、担当者が社長と一緒に会社を成長させる実感に繋がり、
社長からも大きな感謝を頂ける機会でもあります。
ベンチャーサポートのサービスプランには顧問先が自分でデータ入力を行う「自計化コース」と、
レシートの整理やデータ入力をベンチャーサポートで行う「経理代行コース」があります。

前者の場合は、会計ソフト上で確認できる範囲で入力ミスがないかを確認し、
その数字をもとに経営レポートの作成、さらに節税や経営の提案を行ないます。
後者の場合は、経理代行を行なったうえで上記サービスを実施します。
経営レポートの作成はシステムで瞬時に行なえますので、
その後、社長に報告すべき項目を自分の中で整理することに時間を使います。

例えば、売上が事前の予想売上に満たなかった要因や、毎月とは違う固定費の金額が出ている要因など
何を打合せで伝えるかを事前に準備しておきます。
毎月の社長とのコミュニケーションから、「社長はどの指標を気にしているか?どういうサポートを求めているか?」
を自分で判断し、より満足度の高い打合せ・密度の濃い対話を目指します。

上記のような濃いサービスを担当者個人のレベルだけに依存することなく実現できるよう、
5人~10人程度のチームを作り、チーム内で顧客の状況を確認する管理体制をとっています。
「月次進捗表」という社内共通のシートを用いて、
予定納税の時期・消費税の判定・節税の提案などミスや漏れが起きやすい項目を全員でチェックしあう
バックアップ体制を整えています。

顧問先との打合せ

次は、お客様との打合せについてご説明します。
ベンチャーサポートでは、来社と訪問の割合は7:3で、
来社が多いです。
起業直後でしっかりしたオフィスがまだ無いという方も
多いからです。
また、訪問頻度は料金プランで異なっており、毎月会う方が6割、
3ヶ月に会う方が4割です。

打合せは担当者1人で応対するのが基本ですが、入社して日が浅い期間や特殊な案件の相談の場合、
担当者が希望する場合などは先輩が同席します。

「社長と1対1で接する」というのが責任感を養い、成長を促進するベンチャーサポートの特徴ですが、
困ったときには先輩がすぐにフォローする仕組みも社風もありますので、心配をすることなく、
思いっきり力を発揮してください。

打合せ時の会話のベースとなるのが「月次レポート」です。
ここで、ベンチャーサポートオリジナルの「月次レポート」の中で基本となる4種類を紹介します。

月次実績報告書

売上高3期推移、変動損益計算書、貸借対照表分析、キャッシュフロー計算書、 年計売上推移、借入金バランス確認などお客様にあわせた必要な資料を用意します。
もっとも基本となる月次レポートの一つであり、
また奥が深いのもこの実績報告書です。
ほとんどがグラフ形式のため、会計を知らない経営者の方でも直感的な経営判断ができるような構成になっています。
個々のお客様が特に必要としているデータを、いかに上手く伝えるかが担当者の腕の見せところです。 月次レポートの説明の仕方はOJTと座学で身に付けます。ベンチャーサポートが蓄えたノウハウと先輩の技術を思うぞんぶん盗んでください。

役員報酬シミュレーション

起業直後の社長の中には「自分の役員報酬をいくらにしたら良いのかわからない」 という相談が非常に多くあります。 1年間の業績を予想して、法人税や所得税や社会保険を加味して、ベストな役員報酬を決定するのは、実は非常に奥が深く、起業直後の社長ができないのも無理はありません。 ベンチャーサポートは、役員報酬シミュレーションというシステムを使って、 できる限りベストな役員報酬の金額決定をアドバイスします。 このシミュレーションでは、何パターンかの役員報酬の金額を入力すれば、 それぞれのパターンの所得税・法人税・社会保険料などが瞬時に計算されるようになっています。その数字をもとに、社長の考え方にマッチする最適な提案を導きだすことが担当者の力量です。 実績報告書と同じくそのやり方はOJTでも座学でも実施します。ベンチャーサポ ートが蓄えたノウハウと先輩の技術を思うぞんぶん盗んでください。

決算シミュレーション

ベンチャーサポートでは決算3ケ月前からお客様の決算シミュレーションを行います。
最終的な納税額の着地点を予想して、必要とあれば更なる節税を提案し、
決算月にはほぼ税額が決定しているというのがベンチャーサポートの決算です。 お客様が税理士に最も期待するのが”節税”です。
法律の範囲内で、可能な限りの節税をすることは顧問税理士としての義務だと考えています。
(脱税はもちろん、租税回避行為を提案するものではありません)
そうすることで残したお金が経営の再投資に回され、
事業をさらに加速・発展させ、回りまわって一層大きく・継続的な納税を可能とするからです。

納税予定表

申告月になってから急に税額を伝えるのは、サービス業を掲げる税理士として失格です。
「いつ、いくら納めるか?その資金の準備は?」という、お客様が一番知りたいことをお手伝いするのがベンチャーサポートのサービスです。 法人税、消費税、源泉所得税、将来的な予想税額など発生する税金を一年先まで社長に伝え、安心して経営できるように提供しているのが、 税金カレンダーとよばれるベンチャーサポートの納税予定表です。

上記の月次レポートを完璧に使いこなすだけでも十分、質の高い会計サービスですが、
これだけで経営者の満足が得られるとは考えていません。

経営者が本当に望んでいるのは「税金の先生」ではなく「経営の相談相手」だからです。 経営者は、業績が良くても悪くてもその事実を従業員にも話せず、家庭に持ち込むこともできず、
商売仲間に言うこともできません。ほとんどの人が孤独を感じています。

現在の経営状況を把握していて、定期的に会う機会のある私たちだからこそ、
経営者の喜怒哀楽に寄り添えるような「雑談」が大事になります。
ベンチャーサポートがコミュニケーション能力を採用の際に一番重視する理由もここにあります。

最後に、ベンチャーサポート東京オフィスの顧客層についてお伝えします。
事業内容で言うとネットビジネス、IT系、物販系、店舗サービス業が多いですが、
その他多種多様な業界のお客様がいます。
年齢は30代が最も多く、20代、40代と続きます。
50代以上の社長はごく少ないです。
ネイルサロン経営、アフィリエイト、アプリ開発など若い経営者がどんどん新しいビジネスに挑戦し、
その命がけの挑戦を間近で見れるからこそ、
今どの業界のどんなビジネスモデルが儲かっているかを知ることができます。
こういった体験も起業家支援の醍醐味の一つです。

決算・検算

税務調査で自分の経理ミスが発見されて追徴になることほど、
税理士として恥ずかしいことはありません。
また税務調査の経験が少ない人であれば、どこに注意を払って決算をするべきかも分からないでしょう。

こういった不安を払拭し、良い決算サービスを提供するために、
ベンチャーサポートの決算は、「決算ファイルの作成」と「ダブル検算体制」でカバーしていきます。
「決算ファイル」は下のような構成で、各社決算一期ごとに制作します。

・決算者、検算者、担当税理士の名前
・勘定科目ごとに決算書残高の基礎となった原始帳票のコピー
・税務調査時の指摘の可能性がある箇所の備忘メモ
・検算で指摘された事項
・措置法の適用漏れがないための措置法チェックリスト

この決算ファイルの作成自体が決算を組む力を高め、またケアレスミスを防ぐ効果もあります。
そして実際の税務調査のときには、数年前に組んだ決算の内容を明確に思い出すことができます。
決算ファイルの作成が済むと、決算ファイルと会計のデータを検算者に渡します。
検算者は事務所でも中堅以上の担当者が行い、仕訳レベルから会計・税務処理に問題がないかどうかを
税務調査目線でチェックします。

この検算で指摘があった場合、その指摘を修正した後で別表や内訳書を作成します。
そして別表、内訳書、決算書が出来上がった時点でまた別の検算者に渡し、
また別の視点からミスがないかどうか確認されます。
最後に各オフィスの税理士に報告し、チェックをした後、
お客様の押印をもらい、オフィスに戻って電子申告を行ないます。

入社2年目 板垣くんの一日

8:40

メールチェック

出社後すぐのメールチェックは入社1年目であっても2年目であっても仕事の基本です。ベンチャーサポートではお客様への「即レス即対応」を重要視しており、全員が「税理士業はサービス業」という意識を強く持っています。

9:15

監査&レポート作成&決算シミュレーション

アシスタントさんが入力してくれた会計データに間違いがないかを 監査します。監査終了後は「月次レポート」を作成します。
決算の3ヶ月前からは「決算シミュレーション」も
あわせて作成します。

10:00

訪問

顧問先へは基本的には担当者が一人で訪問します。
顧問先では月次レポートの説明はもちろん、節税の提案をこちらから行います。 ただし数字の説明だけではなく、社長との雑談も重要です。

13:00

社内MTG

顧問先から税法解釈の難解な質問があった場合、
ベンチャーサポートではみんなで調べて、みんなで考える雰囲気を
大事にしています。誰かが質問をすると自然と人が集まり、
みんなが意見を出し合うので成長も早くなります。

16:00

検算

ベンチャーサポートでは担当者が決算を組んだ後、最低2人の検算を してから提出します。2年目からは自分で決算を組む以外に、
他のメンバーの検算も任されます。検算は会計のデータを全て見直す ので、自分が決算を組んだかのような経験ができます。
さらに税務調査の経験が豊富な先輩の指摘は、
実際の税務調査を受けているかのようです。

18:00

帰社

退社後は気の会うメンバーと食事に行くことも多いです。
この日も事務所の先輩、後輩と一緒に行きつけの居酒屋へ!
リフレッシュも大事です。

募集要項

会計事務所経験者の方の応募要件は、「通常の法人の決算ができること」と「年末調整ができること」です。
税理士の合格科目は一切問いません。
通常の法人とは、年商で数千万~1億円未満の決算ができることが目安で、
法人税の別表の意味を理解した上で作成できることが望ましいです。
税務調査や融資、経営コンサルの能力は入社後に習得できる教育制度がありますので、
経験がない方もご安心ください。
また、IPO・事業承継・国際税務・M&Aといった高度な税務知識は必要としません。
かわりに基礎的な会計の知識を、わかりやすく経営者に伝える能力を必要とします。
ベンチャーサポート税理士法人は顧客は、経理の人間を雇う間もない起業家が大半です。
経理や法務といった会社の守りを全面的にサポートしながら、
夢とエネルギーに溢れた若い起業家の参謀となって、成長を一緒に喜び、
悩みを一緒に分かち合える人、そのことにやりがいを見出だせる人がベンチャーサポートに最適です。

ベンチャーサポートに合う人、ベンチャーサポートを辞める人

残念ながら、ベンチャーサポートを去っていく人がいるのも事実です。
去っていく方の真意は分かりませんが、現在も社内で活躍している方と去った方との
一番の違いは「社内外のコミュニケーションが上手くいったかどうか」に尽きると感じています。
社内外で若さとエネルギーが溢れる雰囲気ですので、
一人で黙々と・ゆっくりマイペースで「事務処理」をしたいという方には合わないでしょう。
能力面でもっとも必要とされるものは「コミュニケーション能力」です。
明るく元気な声で自信を持って社長と話せる会話能力、
相手の気持ちを推し量ったり会話の空気を読み取る察知能力、
社長の不安を聞いたり夢を話し合えたりする共感力、
こういった「コミュニケーション能力」を重視しています。
今、すべてが出来たり、自信を持っている必要はありません。
「人が好き」なら、あとはベンチャーサポートで成長してこうなれると断言します。

よくある質問

転勤はありますか?

A

本人の希望がないかぎり、転勤はありません。
過去の転勤の例を見てみますと、新しい拠点を出した時に自ら手を上げ、
その拠点の立ち上げメンバーとして転勤をするケースがほとんどです。

通勤しやすい地域はどこですか?

A

主に渋谷オフィス・新宿オフィス
23区西部(10区) 港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区
中野区・杉並区・練馬区
主に日本橋オフィス
23区東部(13区) 台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区
千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区

通勤しやすい路線はどこですか?

A

渋谷オフィス
山手線 / 中央線 / 埼京線 / 湘南新宿ライン / 東横線 / 銀座線 / 井の頭線 / 田園都市線 / 副都心線 / 半蔵門線
新宿オフィス
山手線 / 中央線 / 埼京線 / 湘南新宿ライン / 小田急線 / 丸ノ内線 / 京王線 / 大江戸線 / 新宿線 / 京王新線
日本橋オフィス
山手線 / 中央線 / 銀座線 / 浅草線 / 東西線 / 日比谷線

就職してはいけない会計事務所 5つの見分け方

就職してはいけない会計事務所 5つの見分け方

まだ就職活動しないでください!先に知るべき大事な話

世の中で話題のブラック企業。会計事務所なんてほとんどがブラック企業だと言われていますが、当たらずとも遠からずなのかもしれません。...

詳しくはこちら